きちんとチキン

台湾の台中でワーホリ中 (2018/12〜)

【台湾ワーホリ仕事】日本語教師を授業2回やって辞めた

こんにちは〜

とうとう平成が終わりますね。平成生まれとしてはすこーし悲しいけど、新元号の「令和」がかっこよすぎてテンションあがりました。令和を選んでくれてありがとう〜!そして令和生まれ羨ましい!!!

ところで私は、毎朝会社へ行くためにバスに乗るのですが、やはり同じ時間帯に乗る人が決まってるんですね。私が毎朝乗るバスでは6人すでに認識してるのですが、最近は心の中で「いつめん」って呼んでます。そして心の中で「早安」と言います。この2日間台湾の祝日でいつめんに会えてなくて少し寂しいです。

今、私は普通に会社で事務をしてます。少しブログに書きましたが、二月末から事務・日本語の先生・家庭教師・バイトの4つ仕事をしていました。が、日本語の先生を辞めました。

どんな学校で教えていたのか

私の日本語学校は、台湾人がボスの日本語塾です。台湾の求人サイト104で見つけました。

私は、週1日3時間の授業を担当することになりました。1時間400元です。ちなみに授業の数日前には、ボスが一度どういう流れで授業を進めるか見てくれて、疑問があれば教えてくれます。私のクラスは、女性4人・男性2人の計6人の生徒さんがいました。生徒さんの年齢は様々で、学生〜社会人でした。基本は日本語で教えます。でも時々(2回しか授業やってないけど)生徒さんがわからない時は中国語で質問されることもあって、初日の授業はものすごーーく疲れました。

自分でもびっくりしたけど、次の日体が痛すぎて起きれなかった。
f:id:texin:20190405235547p:plain



どうして辞めたのか

授業の準備が大変すぎました。日本語の先生をやる前からわかっていたことですが、実際やってみると本当に大変でした。土日も準備に追われて、平日も事務の仕事のあとほぼ毎日準備をしていました。日本語を教えた経験がなかったため、インターネットやyoutube、日本語学校で買った教師用の手引きを使って、どのように板書するかも含めてノートにまとめていました。

先月、日本へ帰国しなければならない予定があったため、授業の代講をお願いしました。久々に授業のことを考えない日々を過ごして、本当に心が楽でした。

台湾に戻ってきて、準備のやる気もなくなっちゃって、結果辞めることにしました。授業は2回しかやっていません!

日本と台湾、仕事に対する考え方が違う

辞める直前の私の気持ちは、「授業はもうやりたくない、でもボスも同僚も大好きだしせっかく雇ってくれたのにこんなすぐ辞めるなんて申し訳ない。でも高いお金を払って授業を受けてる生徒さんにも、こんな気持ちのまま授業やるのは申し訳ない。自分の気持ちだけ考えたら、辞めたい。」でした。

辞める前日、フィリピン時代の同期である台湾人の友人に相談しました。ものすごく頭が良くて、適当な答えを言わないし、悩んだときはよく相談しています。

彼は「自分の気持ちが一番大事だよ。辞めたいと思ったら辞めな。ボスのことは考えなくてOK。」と言いました。
彼氏も「ここは台湾なんだ。台湾は日本みたく会社のことや周りのことを考えなくていいんだよ。毎日疲れてるし辞めな」でした。

彼氏からよく、台湾人は仕事辞める人多いよ〜と聞いていたし、周りにも「いま求職中〜」と割と軽く答える台湾の友人もかなりいます。経営者の立場から見たらかなり困るけど、自分の気持ちを大事にするこの考えはかなり好きです。

家庭教師の生徒さん

いま家庭教師としても働いています。会話の練習のみで、教科書は一切使っていません。生徒さんは30代社会人でエンジニアです。昨日授業があったのですが、急に「そういえば仕事辞めた」と言いました。びっくりしました。先週までは「やっと大きいプロジェクト終わった〜」とか言ってて辞めるそぶりがなかったからです。

理由は、「新プロジェクトを月曜日中に考えてくれ、と月曜日に上司に言われて、頑張って考えたのにダメ出しされて心が疲れたから」
火曜日に退職届を出して、水曜日が最終出社。スピード感やばい。日本は基本辞める2ヶ月くらい前に言わないとダメだよ、と言ったらびっくりしてました。こっちもびっくりだよ、と思いましたが、台湾人がいつも元気な理由がわかったような気がします。



いま

今は毎日楽しくストレスフリーで過ごしています。日本の考え方は、周りのことも考える日本人らしい考え方でとても好きだし尊重します。ただ私は仕事に対する考え方は台湾の方が好きです。毎日真面目すぎるくらい真面目に頑張っている日本人にも、すこ〜しだけ台湾流の考えが浸透すれば、少し心に余裕ができて、より良い国になりそう。

おわり