きちんとチキン

台湾の台中でワーホリ中 (2018/12〜)

台湾にきて気づいた、日本のファッションの自由さ

こんにちは〜

台湾は日本と比べたら自由だ、日本は大変だと言うような言葉を、台湾に住んでいる日本人なら1度は言われたことがあると思います。確かに台湾に対して「自由で(ゆるくて)いいな〜」と思う部分もたくさんあります。でも反対に、日本に帰国したときに、「なんて日本て自由でおもしろいんだ」と気づいたこともたくさんあります。



ファッション

時々聞くのが「台湾は、日本みたいに人の目を気にしなくていいから服はテキトーでいいんだよ」と言う言葉です。これについて、職場で着る服に関しては同意です。基本的には、日本女性はオフィスカジュアル、日本男性はスーツを着るところがほとんどですが、台湾人の仕事着は自由です。

でも、仕事以外のファッションに関していうと、日本はものすごく自由です。

一時帰国した際に、久々に日本の街を歩いたら、日本女性のキレイさと可愛さ、日本男性の清潔感とイケメンさに感動を覚えました。

老若男女問わず、みんな自分が好きないろいろな洋服に身を包んで、流行りの服を着ながらも自分なりの個性が出ていました。普通のTシャツにジーパンやラフな格好の人もいるし、ヒールを履いてる人もいればスニーカーの人もいて、男性でも化粧をしてる人がいたり、モデルさんかと思うような格好をしてる人もいれば、個性的な服を着てる人もいる。



日本は個性がない、人の目を気にしすぎだと言われがちだし、自分たちでも思いがちですが、ファッションに関して言うと、個性ありすぎだし自由すぎだし、本当に人の目気にしてたらそんな服着れないわ!って人もいっぱいいるし、私たち日本人ははもっと自信を持つべきです。

台湾人の基本的な格好

台湾は、みんな同じ格好です。男子はTシャツに短パン、女子はショーパンか韓国系のファッション。これを、「台湾は服に気を使わなくていいから楽だ、自由だ」と思う人もいますし、感じ方は人それぞれですが、私はつまらないな〜と感じています。

台湾で言われたこと

私は日本で着ていた服をそのまま台湾で着ています。冬の時期に黒い薄手のストッキングを履いていたら、台湾人に「それ仕事っぽいからやめたほうがいいよ」と言われたことがあります。ある時には、私はオシャレ人間ではないしキメてもなかったのですが「そんなキメた服着なくていいよ」と言われたこともあります。ヒールを履いてたら後ろからいろいろ言われたこともあります。あと、ジロジロ見られます。なんならバスの運転手さんに、満員のバスの中で「何人?」と話しかけられ乗客の視線を一斉に浴びるという経験もあります。

自分が着たい服も着れないなんてなんて不自由なんだと言い返して無視して好きな格好していますが、「台湾は、日本みたいに人の目を気にしなくていいから服はテキトーでいいんだよ」と言う割には人の目を気にしてるじゃないか!!!と思いました。

服とメイクはやる気スイッチ

f:id:texin:20190927234756p:plain
私の中で服とメイクはやる気スイッチになっています。日本にいるときから、特に用がなければスッピンでテキトーな服で外に出ますし、用がある時は好きな服とメイクでオシャレをすることでやる気や行動力が出てきます。こんな感じで場面に応じて自分なりの格好ができるのは楽しいです。

余談ですが、日本で久々に買い物したときにはあまりの洋服の種類の多さとかわいさで、カードを切りまくりました。買い物が楽しすぎます。そして、ファッションだけ見て季節がわかってしまう、という、四季が文化として根付き、季節を大切にする日本がたまらなく愛おしく感じました。

まとめ

今回はファッションという外見に関しての自由さを書いてみました。これは日本にいたときのファッションについてどう感じていたかによって、意見が別れると思います。ネットでは「台湾では服を気にしなくていい」というブログなどが多かったのですが、私は逆に感じていたのでそういう人もいる!というブログでした。

海外に住むと日本への愛国心がものすごく高まります!そして日本の改善点だけでなく、日本・日本人の良さと素晴らしさ、細かいところまで気を使っている企業努力なども気づけます!これからも自由な日本でありますように!

おわり