きちんとチキン

台湾の台中でワーホリ中 (2018/12〜)

4年前のご飯食べて気持ち悪い ー台湾ワーホリ日記ー

こんにちは
台湾にワーホリビザできて早10日

学校の授業のスピードはちょっと慣れてきたけど、お店の人になにか聞かれてもちんぷんかんぷんすぎて辛。

きょうは学校が終わって、八方雲集で餃子とサンラータンスープをテイクアウトして帰ってきました。いまのお家はキッチンもついてて電鍋もあって、この前大家さんが、お米をくれました。餃子にはライスがないと…ということでせっかくだからご飯を炊いてみようと思いました。

ちょっと前に大家さんに教わったやり方でご飯を炊いて、完成して「やった〜〜」とわくわくしながら餃子とスープを温め直しました。

一口食べたら、まじまずい。口に近づけるたびになんともいえない匂いがするし、柔らかいんだか硬いんだかわからない食感で、ご飯がすすまない。ショックだけどなんとか食べ進めてみようとしたけど、でもお茶碗1杯も食べきれなかった。

このお米の品種がダメなのか、電鍋の使い方を間違えたのかわからないし、とりあえずお米の品種を確認していたら、「消費期限2014年」の文字が…。

f:id:texin:20181210211555p:plain

そっから気持ち悪くなっちゃって本当に申し訳ないけどご飯は捨てて、餃子を食べ進めました。でも頭の中で「2014年のお米を食べた」っていう記憶と、鼻に近づけたときの匂いが蘇ってきて気持ち悪くなってお腹いっぱいになったのに、なんとも満たされない気持ち。

残念。この失敗を活かしてこれから大家さんにもらったものは消費期限を確認します。